「そのうえ」も「また」も、日本では「in addition」と訳されることが少なくありませんが、多くの場合、不適切です。「in addition」を使用できるのは、関連する要素を付け加えるときに、前に述べた要素に対して、次に述べる要素が極めて自然な場合に限られます。一般に、「そのうえ」の訳語としては、「moreover」や「further」、「furthermore」の方が自然でしょう。