「見栄え と作業性のために」に相当する英語表現は、

because of appearance and operability

ではなく、

for reasons of (あるいはtaking into account) appearance and operability

が適切です。

些細な例に過ぎませんが、「のために」は特に曖昧な日本語表現です。最初の英訳における「because of」という表現は、原因を意味し、ある事態がすでに生じているということを示唆しますが、原文の「のために」という表現は、目的を意味し、特定の事態が生じないようにするということを示唆します。

同様に、「しっかりと『事業内容』を伝え、あなたの会社の『独自性』を伝える。それこそが、日本で『勝っている企業』になるためのブランディング戦略なのです。」という一文を英訳するなら、

We will reliably convey your company’s business content and individuality. That indeed is the branding strategy for becoming a winning company in Japan.

よりも、

You can rely on us to promote your company’s business activities and to emphasize your company’s individuality. That in a nutshell is the most appropriate branding strategy for proving a winning company in Japan.

の方が好ましいでしょう。

「弊社は『クライアントの最善のために』をポリシーとしております。」という一文を英訳するなら、

Our policy is to do things ‘in the best interest of the client’.

ではなく、使用頻度も高い

The policy of our company is to conduct business in the best interests of the client.

が適切です。