「in the case of …」は、日本人翻訳者が使いすぎる英語表現で、多くの日本人翻訳者に、「…の場合」という表現を画一的に「in the case of …」と訳してしまう悪癖が見られます。「in the case of …」という表現が過剰に使われていると、考えや出来事を区分けしたがる傾向が日本に浸透しているという印象を与えてしまいます。英語では文章やパラグラフの自然な流れを優先するのが普通であり、「in circumstances where …」と訳した方がはるかに自然である場合がほとんどです。直言すれば、「場合」という日本語を画一的に「case」と訳すべきでないということです。優秀な翻訳者であれば、安易に直訳するのではなく、元の和文が伝えようとしている根底的な意味合いを慎重に吟味するでしょう。「circumstance」は、便利でありながら、日本人翻訳者がなかなか使いこなせない英単語です。

「腹部のX線像の場合に同様の慎重な考え方が一般的に行われている。」という一文を英訳するなら、

In the case of x-ray of the abdomen, the same cautious philosophies prevail.

よりも、

以降は有料です。