誤用が多岐にわたっており、解釈の間違いによって不適切な構造の文を招いてしまうことが少なくありません。