許容範囲」に相当する英語表現としては、「permissible range」が最良です。

許容故障」なら、「permissible level of faults」と訳すのが最良です。「許容範囲」も「許容故障」も、「allowable」よりも「permissible」を使う方が好ましい表現です。「permissible」、「permission」、「permit」などは、英語圏では公的文書で、権限のある機関や人の見解に言及する場合に広く使われる表現であり、「allowable」は日常的かつ私的な状況で使われる表現です。