「優れている」の訳語として、多くの日本人翻訳者が、辞書に載っている「excellent」という語をそのまま使いがちですが、何らかの比較がなされているときには特に、「superior」の方がはるかに正確であることが多いでしょう。

「フラッディングの防止性能に優れた」という一節の英訳としては、

excellent in capability of preventing flooding

よりも、

以降は有料です。