これまでの例とはやや異なる使い方として、「…できる直径のもの」という表現が挙げられます。これに相当する英語表現は、「a large diameter enough to …」よりも、「a diameter long enough to …」または「a diameter that is long enough to …」の方が適切です。