「Xは特に光や熱に弱い感熱紙を用紙として採用する場合に有用であった。」という一文に対する適訳は、

X has proved effective in terms of handling, as paper sheets for the printer unit, heat sensitive sheets that are susceptible to light or heat.

です。この例文の場合、「光や熱に弱い」という表現は、「weak to heat or light」ではなく、「susceptible to light or heat」が最も正確です。

「ニキビや肌荒れを起こしやすい肌を健やかに保ち、きめ細かく滑らかに整えるパック」という一節を英訳するなら、

pack designed to keep skin susceptible to pimples and roughness healthy and give it a silky smoothness

ではなく、

pack designed to keep in a healthy condition skin that is susceptible to pimples and roughness, and to give the skin a silky smoothness

です。最初の訳文は、筆者の意図とは正反対の意味に解釈されかねません。この一節は、自身の訳文の語順に細心の注意を払うとともに、訳文に不明瞭あるいは不自然なところがないか詳細にチェックして、丁寧に見直す必要があることを示す好例です。