形容詞は、修飾する名詞の後に置かれることもあります。「形容詞の後置修飾」は主に、形容詞が前置詞句を伴う場合に用いられます。英語では極めて一般的な修辞技法であり、日本語の複雑な文を英訳する場合に非常に有効です。形容詞が前置詞句を伴う場合でも、修飾する名詞の前に形容詞を置く傾向が多くの日本人翻訳者に見られ、結果的に不正確で不自然な翻訳が生まれています。一部の形容詞は修飾対象名詞の後に置かれるのが普通であると理解している日本人翻訳者は、どうやら少ないようです。

以降のセクションでは、形容詞の後置修飾に関する様々な例を紹介します。