英訳時に形容詞をどこに置くかということは、誤りの多い分野であり、頻繁にミスを犯す翻訳者が一部に見られます。日本人翻訳者は、形容詞的に用いることのできない過去分詞を形容詞として使用してしまいがちです。また、やや深刻度は低いものの、英語圏で広く使われている同じ語幹を持つ形容詞がある場合にも、名詞を形容詞的に使用する傾向が翻訳者の一部に見られます。さらに、個々の形容詞についても、頻繁に誤訳されることが少なくありません。次節以降で、形容詞に関するさまざまな問題を取り上げます。