「合流する」は、「conflow」よりも、「converge」と表現する方がはるかに無難です。「confluence」という名詞であれば珍しくありませんが、「conflow」は標準的な辞書に載っていません。

「最後のご挨拶をしてお見送りをする」という一節を英訳するなら、

say good-bye and send him/her off

よりも、

say good-bye (ただし「bid farewell」の方が好適かつ正確です) and then wave the customer off

の方が適切です。

「回転する」は「rotate」、「公転する」は「revolve」です。

対応をあなたに任せる。」という一文に対する適切な英訳は、

We are content to leave action to your own discretion.

です。

結び直す」という表現を英訳するなら、「bind again」などと直訳するのではなく、「let bygones be bygones」とするのがよいでしょう。