実施される行為および瞬間的に発生する状況と、このような行為や事象の結果として長期にわたって継続する状態や状況とを区別することの重要性を正しく理解することは、英訳を手がけている翻訳者にとっての基本ポイントです。終焉性という共通の特徴を持ついくつかの英語の動詞については、どちらの目的でも使えるため、文脈に対する細心の注意が必要です。書き手が具体的な行為ではなく状態や状況について述べているということを明確に表すために、現在完了時制が不可欠であることが少なくありません。