同様の問題が発生する別の例として、「受ける」という単語が挙げられます。この単語も基本的には好ましいという含みを持ちますので、不本意なものに対しては、原則として使用しない方が良いでしょう。

例えば、「自動車が再度インパクトを受けるとき」という一節であれば、

when a vehicle receives side impact

ではなく、

以降は有料です。