望ましさという問題についてもう1つ例を挙げてみましょう。「抑制」という語です。好ましくないことが起こらないようにするという意図が明確であれば、「control」よりも、比較的中立的な含みを持つ「inhibit」の方が良い訳語です。「prevent」は成功したことを示唆する単語なので、この状況では不適です。一方「inhibit」は、「hinder」または「restrain」を意味し、ざっくりとした言い方をすれば「attempt to prevent(防ごうと試みる)」という意味です。

以降は有料です。