「その後」に相当する英語表現は、文書ならば、「after that」よりも、「thereafter」の方がはるかに適切です。「after that」は会話で使うのが普通です。優秀な翻訳者であれば、書き言葉と話し言葉を区別するはずです。