冒頭の「詳しくは」という表現は、「to be specific」と訳されることが少なくありませんが、本来、「to be specific」は、会話で用いられる表現です。技術翻訳では、「more specifically」と訳すのが最適です。