「古くから万能薬として知られるハーブ」という一節を英訳するなら、

a herb known from ancient times to be a universal remedy

ではなく、

a herb known as a panacea from ancient times

が適切です。「known as」が極めて一般的な表現であるのに対し、「known to be」はもう少し長めの表現でしか使われませんし、「として」の訳語としても不適切です。

参考情報として」という表現なら、

as reference information

ではなく、

as information purely for reference purposes

か、もう少し簡潔に

as information for reference purposes

と訳すのが適切です。