量と同様、質も評価と比較が可能です。

「X腫瘍に対する胸腔鏡下手術は胸骨の妨げとなり、Z手術に匹敵する鏡視野の確保ができないため、積極的に施行されることが少ない。」という一文の適訳は、

Surgeons are reluctant to perform thoracoscopic surgery in cases of (「for」より「of」がよい) X-tumors because the sternum can prove a considerable obstacle to surgical maneuvers and prevents (あるいは「does not permit」) thoracoscopic vision of a quality that is common in Z-surgery.

です。この文は、量ではなく質の度合いが比較されている好例です。