「ひとつの」を英訳する場合に、数の少なさが強調されている文脈で「only one」を使うのは、その意味合いを伝えるのに不十分であることが多いでしょう。「ひとつの層」であれば、「one layer」ではなく「single layer」と訳すのが最良であることは少なくありません。「single」は、強調感を表すのに有用でありながら、日本人翻訳者がなかなか使いこなせない英単語です。

「Zに関しての実施例が1例も開示されていない」という一文を英訳するなら、

even one embodiment is not disclosed concerning Z

ではなく、

not a single embodiment is disclosed concerning Z

が適切です。

1金型で2~5工程複合加工」も同様で、

combined machining of 2 to 5 processes using one die

よりも、

combined machining of two to five processes with a single die

の方がはるかに適切です。