可視範囲」に相当する英語表現は、「range possible to view」ではなく、「visible range」が適切かつ使用頻度の高い表現です。

「他部品でカバーし、Zを見えなくする」という一節なら、

to prevent Z from being viewed by covering using other parts

よりも、

by means of covering with other parts, prevent Z from becoming visible

の方が適切です。この例で重要なのは、「prevent from being viewed」では1回限りのことと解釈されかねないのに対し、「prevent from becoming visible」だと、期間を限定せず、和文の「見えなくする」と同じ意味合いを持つということです。