強くしておく」は、「keep strong」ではなく、「reinforce」と訳した方が妥当な場合が多いでしょう。

「それは認識しておいてください。」という一文の英訳としては、
Please take due note of that.
が良いでしょう。

「準備しておく」は、「get ready」ではなく、「make available」が好ましい場合が多いでしょう。

「包装しておく」は、「previously packaged」よりも、「packaged in advance」の方が適切です。

「in advance」の用例については、セクション367でも取り上げています。