「AはBに対応する」に相当する英語表現としては、「A corresponds to B」が最良です。

「高速化に対応する」に対する適訳は、

accommodate trends towards high-speed operations

ではなく、

cope with trends towards high-speed operations

です。

コスト的にAで対応する」は、

use A in view of the cost required

ではなく、

in financial terms, it is beneficial to use A

と訳すのが適切です。最初の訳文は曖昧で、筆者の意図とは正反対の意味に解釈されかねません。

「Z社は障がい者の採用からケアまで一貫して対応するために、障がい者支援チームを設置し、ハード面だけではなくソフト面での環境整備を進めていった。」という一文に対する適切な英訳は、

Z-Company established an exclusive team devoted to supporting disabled employees, with a remit to handle every aspect of issues related to disabled employees, starting from the time of their appointment and extending over all aspects of their welfare.

です。