漢字文化と優れた英語との間には直接的な相関がないので、日英翻訳の際にはあまり妥協しない方が良いでしょう。例えば、「標準部品選択手順」という表現は、

standard parts selecting procedure

などと訳すよりも、

a procedure for selection of standard parts

の方が自然かつ適切な表現です。以降、日本語の複合語句に関する各種事例を紹介します。

「正規部品検査方法」は、

approval parts inspection method

ではなく、

approved method of parts inspection

または

an approved method for the inspection of parts

と訳すのが適切です。

「環境配慮型製品認定要領」の翻訳としては、

Environmentally Friendly Product Certification Outline

よりも、

Outline of Environmentally Friendly Product Certification

または

Synopsis of Environmentally Friendly Product Certification

の方が良いでしょう。

「状況は、従来の部品レベルの競争から、システムレベルでの高度な技術競争へと移行していた。」という一文なら、

The situation was moving from one of competition in the area of components, such as had existed in the past, to one of competition in advanced technology at the level of systems.

と訳すのが妥当です。この例で重要な点は、複合語句を「component-level competition」や「system-level competition」のように直訳するのではなく、日本人以外の人のために、これらの表現が実際に意味する内容を流暢かつ自然な英語で「わかりやすく説明する」ことです。

同じような問題は、短い漢字語句でも見受けられます。「method」や「step」といった単語を使用する場合には特に注意が必要です。

以降は有料です。