日本語から英語への翻訳には、依然として基本的な誤りが多数見受けられます。このような誤りは誤解を招く恐れがあり、場合によっては修正処理に非常に時間がかかります。複数個の物が関わっている技術翻訳文中で翻訳者が単数形を使えば、その翻訳をチェックしている人は、その翻訳者には単数形を使用した理由があるものと自動的に考えます。特にチェッカーが日本語について限られた知識しか備えていない場合には、間違いであることを確認するまでに多大な推測作業を強いられ、相当の時間を浪費してしまうことも少なくありません。

 

日本語から英語への翻訳には、依然として基本的な誤りが多数見受けられます。このような誤りは誤解を招く恐れがあり、場合によっては修正処理に非常に時間がかかります。複数個の物が関わっている技術翻訳文中で翻訳者が単数形を使えば、その翻訳をチェックしている人は、その翻訳者には単数形を使用した理由があるものと自動的に考えます。特にチェッカーが日本語について限られた知識しか備えていない場合には、間違いであることを確認するまでに多大な推測作業を強いられ、相当の時間を浪費してしまうことも少なくありません。

 

「変化点に留意する」は、「take care to change point」ではなく、「pay attention to points of change」です。これは、誤解を招く翻訳の好例です。最初の英訳だと、「change」が動詞なのか形容詞なのかということすらわかりません。「point」を単数形で使用するのも変です。

 

同様に、「都合により到着時にお預かり金を申し受けることがございますのでご了承ください。」も、

The Hotel may ask the Guest to pay a deposit at his check-in.

ではなく、

The Hotel may ask Guests to pay a deposit at the time of check-in.

です。

 

同様に、「不具合事例」も、「Fault Example」ではなく「Examples of Faults」と複数形にし、単数であることを明確に意図する場合には「Example of a Fault」とします。タイトルの場合は「Example of Fault」です。