」に相当する英語表現は、「to the contrary」よりも、「反対に」と同様、単独で使われている場合には「in contrast」が最適という場合が多いでしょう。「逆に」という表現の訳例については、セクション426で取り上げています。