名古屋金山研修センター・ゼミナールプラザ 第8会議室

■アクセス: ★★★
■清潔度: ★★★★★
■アメニティ: ★★★★
■環境: ★★★
■価格: ★★★
■設備: ★★

【寸評】

金山プラザホテルが運営する会議室。金山駅は、JR、名鉄、地下鉄と3つの路線が集約しているため、アクセスが良好です。会場へのアクセス路は、アスナル金山を横切る動線になっているため、セミナーの帰りにおしゃれなレストランで優雅なランチタイムを過ごせませすし、アスナルの中央にあるステージでほぼ毎週行われているコンサートやお笑いライブなどを楽しむことができます。そんな付加価値の大きさが、想定外のメリットでした。

会場ビルはやや古いものの、ホテルが運営しているだけあって、中は清潔に保たれており、従業員の対応が他のどこよりもプロフェッショナルです。予約は電話1本で済み、面倒な書類提出を求められませんし、用があって内線でフロントに問い合わせようものなら、スタッフが脱兎のごとく飛んでてきてくれます。延長コードをお願いすれば、次回の利用時には、何も言わなくてもきちんと部屋に延長コードが用意されており、サービスのあり方というものを思い知らされます。

会議室横にはウォーターサーバーが設置されており、清潔な飲料水が無料で提供されているため、暑い時期には非常に助かるのですが、このサーバーは、注水ボタンが非常にデリケートで、水を出すのに熟練の技術が要求され、ボタンを押す角度と力加減を身に付けるのに、セミナー中の貴重な休憩時間の大半を費やす必要があります。

利用した第8会議室は28㎡とやや狭い部屋でしたが、数人のセミナーには十分な広さで、各種割引を受ければ、3240円/3hという、民営の会議室としてはほぼ最安水準の価格で利用することができます。ビジネス街にあったパティオ伏見と比べると開放感があり、大きな窓を開けると心地良いそよ風が入ってきました。

こちらも大きなマイナス点は見当たりませんが、強いて挙げるなら、駅から5~6分ほど歩くため、雨の日にやや不便であることと、線路をまたぐ橋を渡るという最短徒歩ルートがGoogle Mapに表示されないため、初めて来る人の半数が駅から20分歩くこと。そしてプロジェクタの型式が古く、動作音が大きいことです。

私がこの会場を利用していた時期には、アスナル金山で、家入レオの新曲発表イベントがあり、彼女の歌唱力の高さと顔の小ささを目の当たりにできましたし、元プリンセス・プリンセスの岸谷香も、同じく新曲のプロモーションライブに来ていました。ドンピシャ世代の私がプリ・プリ時代の名曲「M」に狂喜したことは言うまでもありません。