「ことがある」という表現も「on occasions」と訳すことができます。「高温で柔らかくなったチョコレートは冷えて固まると表面が白くなることがあります。」という一文なら、

Once after being melted left at high temperature, the surface of chocolate may become whitish at the time it becomes cooled and back to its solid form.

よりも、

After chocolate has once reached a high temperature and melted, the surface of the chocolate may on occasions turn white, after the chocolate has cooled down and returned to its solid form.

と訳した方が正確です。2番目の訳文では、自動詞「melt」がシンプルながら効果的に使用されています。他動詞「melt」を受動態で使用している最初の訳文は不適切です。

 

「以下、Zとも言う」に相当する英語表現は、

hereinafter, referred to as Z depending on a case

よりも、

hereinafter, referred to on occasions as Z

の方がはるかに自然かつ適切です。

 

「さらに、環境悪化による異常気象に備え…」という一節を英訳するなら、

In case of abnormal climate conditions caused by further deterioration of the environment …

ではなく、

In anticipation of abnormal climatic conditions likely to be caused by a further deterioration in the environment …

の方が適切です。最初の訳文は醜い間違いで、「in case of …」という表現をこのような文脈で使うべきではありません。そして、過去の事象か未来の事象かを明確に区別できる表現を使うことが重要です。

 

「スミス氏は発作後、悪性の脳腫瘍と診断された。」という一文に対しては、

Mr. Smith was diagnosed with a malignant brain tumor after suffering a seizure.

Mr. Smith was diagnosed as having a malignant brain tumor after suffering a seizure.

または

After suffering a seizure Mr. Smith was diagnosed with a malignant brain tumor.

After suffering a seizure Mr. Smith was diagnosed as having a malignant brain tumor.

など、さまざまな英訳が可能です。ただし、

Mr. Smith was diagnosed as a malignant brain tumor after suffering a seizure.

と訳すのは極めて奇妙で、英語圏で医療従事者が使用することはあっても、一般の人が使用することはほぼありません。

After suffering a seizure Mr. Smith was diagnosed as a case of malignant brain tumor.

と表現するのが妥当です。